発毛成分の紹介

アプローチの方法

おすすめの発毛剤として、たとえば発毛クリニックで差し出されたり、薬剤の通販サイトで紹介されている発毛剤は、たくさんあります。いろんなメーカーが発毛剤を出していて、効果の大きさや効き目の高さから、おすすめされている物があるのです。そんな発毛剤の中には、もちろん発毛を促すことが出来る「発毛成分」が、含まれています。どんな成分が、どんなふうに抜け毛を止め、毛を生やしてくれるのでしょうか……。

発毛成分が毛を生やすまでの流れは、大きく分けて2つあります。ひとつは、DHTと呼ばれるハゲを促進させる物質が分泌されるのを抑えることで、ハゲを防ぐという方法。ハゲを防ぐだけでなく、髪の健康的な成長も後押ししてくれるので、飲み続けているとフサフサになれるというわけなのです。もうひとつは、髪が生える「土壌」となる頭皮の状況を改善して、髪が生えやすいようにしてくれるという成分です。いわば作物がしっかり育つように畑を耕すみたいなものです。

3つの成分名

上の段で紹介した2つのアプローチ。そのうち、ひとつ目として紹介したアプローチで発毛を促す成分として挙げられるのが、フィナステリドとデュタステリド。DHTを抑えるという効果を持った発毛剤の、主成分となっています。それに対して、ふたつ目として紹介した、頭皮環境を整えて発毛を促す成分として挙げられるのは、ミノキシジル。
ミノキシジルは、頭皮の血行を良くして髪が育ちやすい環境を頭皮にもたらします。
ハゲを治したいと思ったときには、これらのおすすめの成分を含んだ発毛剤を購入しましょう。
また、単におすすめの成分が入っているということだけで選ぶのではなく、発毛剤の飲みやすさや値段といったさまざまな条件でおすすめされていることを確認することも、必要でしょう。